中秋の名月という風習。

ようやくプロパンガス用のコンロが届いたので心置きなく料理ができてうれしいいまがーです、こんばんは。

 

 

 

さて、今日は中秋の名月について。
丸い月を見ながら丸いお団子を食べて・・ってする、あれ。

 

今年2018年は、9月24日が中秋の名月にあたる。

中秋の名月は毎年日が変わるので、今年は何日で・・なんてことが起こりうる。これは、中秋の名月というのが旧暦基準で決められているからである。今現在使われている暦は新暦と呼ばれていて太陽の周りを基準に考えられているのに対し、旧暦は月を基準に決められていた。なので、現在の暦とは合わず、中秋の名月に当たる日が年によってずれる、なんてことになる。

つまり、中秋の名月というのは、旧暦の中秋に見られる月のこと、ということになる。

では、中秋とは何か。これは、旧暦では秋というのは7・8・9月のことを指し、中秋はその中のど真ん中、つまり8月15日ということになる。そして、旧暦は月を基準に決められているために、ちょうど15日ぐらいが満月となる。なので中秋にはほぼ満月となり綺麗な月が見られる、というわけである。

ただ、月というのは15日でぴったり満月になるとは限らないため、実は中秋の名月というのはかならず満月になるわけではなかったりする。先程「ほぼ満月」と書いたのはそのためである。これはあまり知られていないことなので、話すと驚かれる。ちなみに今年も中秋の名月である9月24日ではなく、25日が満月となる。

 

また、もう一つよく知られていないこととして、中秋と仲秋は違うということ。中秋というのは先ほども書いたように旧暦の8月15日のこと。だが、仲秋というのは旧暦の8月全体のことを指してしまう。

なので、中秋の名月は仲秋と書いたら誤りなのである。

 

 

まぁ、そんな細かい話はへぇそうなんだ、ぐらいに思っておいてもらえて。

あとは中秋の名月である24日に、この話を思い出してもらえて美味しいものを食べて、少しでもいいから月を眺める時間を作ってもらえたら、嬉しい限りです。

季節感を楽しむ日本人ならではのこういった日は、是非大切にしていきたいし皆にも大切にしていただけたらなと、思うのである。

 

 

では、今日はここら辺で。

デザイン性のあるQRコードの作り方

 

 

 

今日はQRコードについて。

最近はもうかなり定着したために、目に触れる機会も多ければWEBで無料にて簡単に製作するサービスまである。しかし、デザイン性のあるQRコードはあまり見かけず、たまに見かけてこれどうやってるんだろう?と思ったことある人もいるはず。なので、その作り方を簡単に書いていこうと思う。

 

そもそもQRコードというものは、大枠は一緒だがサイズによって40種類ある。これは、入れることが可能な文字の量及び、誤り訂正能力というものによって変わってくる。

入れることが可能な文字の量は、増やせば増やすほどQRコードのサイズが大きく、かつピクセルが小さくなるのは、なんとなくイメージがつくと思う。

もう一つの誤り訂正能力が、デザイン性のあるQRコードを作りたい、という人にとっては大事なことになる。というのも、QRコードは、元々、プリントするコードであるが故に、汚れた時などのことを考えて、一部が可読できなくても情報が失われないように、誤り訂正能力というものが備わっている。これは、4段階あり、レベル別にL・M・Q・Hとなっている。それぞれ、約7・15・25・30%の範囲が読み取れなくなっていても、情報が失われることはない。
カラフルだったり中にマークが入ったりしているデザイン性のあるQRコードは、この誤り訂正能力を利用して、一部のコードをマークなどに変えることで実現しているのである。

 

ということで、デザイン性のあるQRコードを作る手順を示しておこうと思う。ただ、これができるのはIllustratorなどのベクター画像(点を結んだオブジェクトでできた画像)を触れるソフトを使える人に限られる。なので、もしこのページを見ていただいた方でオリジナルのQRコードを作ってほしい、という方はここのコメントでもツイッターででも連絡いただければ有償(3000円)にて作成します。

 

1、まずは無料のサイトにてQRコードを製作する

これはそのまま。私がおすすめなのは以下のサイト。

www.cman.jp

どうしてお勧めかというと、誤り訂正レベルを設定できるから。無料のQRコード作成サイトは多いものの、これを指定できるものは実は少なかったりする。
この使い方は読めば何となくわかると思うので頑張ろう。

ただ、QRコード中に何かロゴ等のデザインを入れたい場合は、基本的には誤り訂正率は30%にて製作しよう。

 

 2、PNGファイルのQRコードベクター画像にする

1で製作できるのはPNG形式のデータになるので、これをベクター画像を触れるソフト(イラストレーター等)で開く。そして、それをオートトレースしてオブジェクトにするなりして、ベクター画像にする

 

3、ベクター画像になったQRコードにデザインを加える

2でベクター画像にできたら、追加したいデザインを適当に配置する。

ただ、QRコードの左上・左下・右上にあるマークの上やQRコードの縁ぎりぎりに設置してしまうと認識しなくなるので、そこは避けよう。また、設置できるデザインは、誤り訂正率30%で製作したQRコードなら全体の面積の25%程度以内を目安にしよう。

あと、カラーは複数色などになっても問題はない(グラデーションでもできる)が、背景色と明度及び彩度ははっきりと対比のある色を選ばないと認識しにくくなる白黒反転も不可なので、元々黒の部分の方が色が濃くなるようにしましょう。

 

4、配置したデザインを整える

ここまで制作できたら、元あるQRコードと追加したデザイン等が被っているところがないかを確認する。被っているとうまく認識されなくなる。

確認を終えたら、実際になんらかのQRコードを読み取るアプリなどで実際に読み取ってみよう。一度きりではなく、10回程度試そう。運良く反応した、などがあるので、10回やって10回ともすぐに反応すればOK。もしも一度でも認識がやたら遅かったり反応しなかったりした場合は、デザインの部分が多すぎるか色の問題なので、3で書いた注意事項を踏まえて修正しよう。

 

 

これで、独自性のあるQRコードが製作できる。

ちなみに、以下はとある仕事で製作したもの。こんな感じのものを作ることができる。もっと変形させたものとかもできたりはする。(読み取りはできないように線を入れてあります)

f:id:ImaTaka:20180919150105j:plain

ということで、オリジナルなデザイン性のあるQRコードが欲しいかたは、ぜひ作ってみてくださいな。

もし面倒という方やできない、って方は、有償にて製作しますので以下のどちらかからご連絡をどうぞ

連絡先:ツイッターFaceBook

 

では、今日はここら辺で。

フォントの使用許諾範囲について。

最近NETFLIXで路線バスの旅という番組をひたすら見ていたいまがーです、こんばんは。

 

 

 

さて、今日はフォントについて。いわゆる「MSゴシック」とか「HG明朝体」とか「モリサワフォント」とかいわれる、あれである。

一般の人でも自らの言葉を気軽に発信できるようになって久しい。その結果、かわいい文字で表現したいとか色々希望が出てくるだろう。その際に、皆はあまり気にせず使っているだろうが、実はフォントには使用許諾等が必要な場合がある

フォントというものには著作権は、現状ではない。つまり、著作権法では保護はされていないのである。なので、フォントを製作した側はそれを守りたいがゆえに、使用許諾が必要であったり、フリーで使っていいけど連絡はしてねとしていたり、はたまたこれだけのお金を払えば自由に使っていいよ、など独自で許諾範囲を設けている。ただ、フォントのデータはプログラムの著作物ということで著作権法にて保護されているので注意しよう。

なので、フォントを使用する際には一概にこうしましょう、なんてことは言えないのが現状である。じゃあどうすればいいか、それは、使いたいフォントがあった際には許諾範囲が書かれているならそれをきちんと確認する、読んでも不明瞭な場合や書いていない場合などは製作者に連絡を取る、ということが必要である。

 

・・と、まぁこれが一般的なフォントを使用する時に注意する点、の回答になるだろう。だけど、正直これではすぐに使用したいとき面倒だし、ある程度基軸となる考え方を知っておいた方がいいと思うので、一般的な話を例を挙げていくつかあげようと思う

 

1、WEB上でfont-familyを指定するだけなら問題になることはまずない。

これはWEBページを製作したことがある人やブログを書いていたりする人などは触れているはずだけど、文字をこのフォントで表示して欲しい、と指定することがある。これだけであれば、もし見た人のデバイス側にそのフォントがなければ代替表示されるし、そもそもこれで見てね、と言っているだけなので問題にはならない。

 

2、1で書いたようなことであっても、問題になるケースもある。

最近できるようになった話だが、フォントデータをそもそもWEB表示する際に相手にダウンロードさせてそれを指定することで、基本的にすべての人にそのフォントで見てもらえるようにもできる。こういった利用をする場合には、「フォントデータの再配布」という形になり、これは最初の方で書いたプログラムの著作物という形で著作権法にて保護されている内容に反することになるので、特別にそれを許可されているフォント以外ではしないようにしましょう

ちなみに、以前このブログでも書いたことがあるGoogleフォントはそういった利用方法も可能である。

 

3、フォントを使用して作成した画像ファイルをWEB上に表示させることは基本的にはやめた方がいい。

これは、画像にしてしまっている時点で、サイトを見に来た人には全てそのフォントを見ることができる状態なわけで、問題になることが多い。
ただ、こういった利用も商用利用をしなければOKということも多々あるので、それはフォントの製作者に問い合わせてみよう。

 

4、フォントを使用してロゴを作るとかポスターを作るとかいったのも基本的にはNG。

こういった利用方法では、個人利用の範囲なら許諾されているが商用利用なら使用料を払って、という場合が多い。ちなみに、Windowsに標準で入っているようなフォントであれフォントごとに許諾を見ないと何とも言えない、というぐらいこれは厳しい話になってくる。ちなみに、「MS~」系や英字フォントの「Cambria」などは(現状では)許可されている。

 

こんな感じ。

まぁ結局何がOKで何がアウトかのラインの一番大きなところは、「不特定多数の人がそのフォントを見ることができる状態にするか」という点と「商用利用にあたるかどうか」という点である。ちなみに、商用利用というのはアフィリエイトサイトでの利用も商用とみなされることもあるようなので、注意しよう。

 

では、フォントを使用する際には気を付けようということで。

 

今日はここら辺で。

3Dプリンターが思いの外進化していた。

今日は久しぶりに暑くてバテたいまがーです、こんばんは。

 

 

さて今日は、3Dプリントの話。

3Dプリントというと、最近出てきた技術のように感じられる人もいるかもしれないが、実はもう30年以上の歴史がある。ただ、ごく一部でしか使われてこなかった。

それが、2009年に現在の主流な3Dプリントの技術に関する特許が切れたことで一気に広がりを見せた。家庭向けのものなども作られるようになり、認知されるようになると同時に、技術進歩も早くなり、高品質化や低価格化されるようになっていった。

と、まぁそのあたりぐらいまでは知っていたのだが、以下の記事を見て、驚いた。

www.itmedia.co.jp

 

私は、いくら高品質化されてきているといっても、まだまだ製作時の凹凸が分かる程度のものしか作れないだろうし、あくまで造形を試したり、実験的なインスタレーション(3Dプリンタで家を作る、とか)にしか使えないものだろうと思っていた。

 

だが、どうやら知らない間に、(記事の言葉を借りるなら)3Dプリンタによる出力物を見慣れていない人であれば、金型を使った出力と比べてもほとんど見分けがつかないレベルにまでなっていたようだ。実際、この記事で紹介されているHP(ヒューレットパッカード)の製品ではなんと、3Dプリントした鎖が、車を持ち上げられるほどの強度を持つ(実際に実験済)という。
これはつまりどういうことかと言うと、あくまで実験的な使い方や試作としてしか使用できなかった3Dプリンタが、実際にプロダクトを作る手段の一つの候補としてなりうるようになったということ。

この記事でも書かれているが、例えば小ロットしか必要が無いのに微妙な違いの多い部品等では、金型では、金型を作ったり保管したりなどが大変だった。それを3Dプリントにすることで、細かい種類に分けてデータを保持すればいいだけで、毎回必要ロットを作ればいいだけになる。また、一ヶ所の工場でしか生産しておらず毎回遠くまで輸送していたようなものも、大きな工場など必要なく遠隔地にいくつか拠点を持って3Dプリンターを置くだけでいい、ということも起こりうる。

 

もう数年もすれば、欲しいプロダクトがあった場合、データを購入して近くの3Dプリンターを置いている場所にて出力、というサービスも出てくるだろう。もちろん、現在でもデータを購入して家庭用の3Dプリンタで出力、なんてこともできるが、家庭用3Dプリンターでそこまで実用性に富むものはまだまだ難しいであろう。

ただ、現在主流の平面のレーザープリンターは30年ほど前はまだ数千万円していたが、現在では数万円も出せばかなりいい品質のレーザープリンターが手に入る。先程の記事で紹介されているHPの3Dプリンタも、現在3000万円程らしいので、そう考えると、数十年したら充分実用に耐えうる製品を色々な素材で出力できるような3Dプリンタが一般家庭で買えるようになるかもしれない。

 

そんな未来は、すごく楽しみである。個性の出しにくいような製品であっても外装だけ家でオリジナルのものを出力して付け替え、なんてことができるようになるだろうから。

 

 

では、今日はここら辺で。

IT導入補助金という制度。

ディズニーの共通年パスを購入したからって、妻の誕生日の週だからって、たまたま仕事に余裕があるからって、ランドとシー合計で週に3度も行ってきたいまがーです、こんばんは。

 

 

さて、今日はIT導入補助金について。

これは、とある仕事を受注する際にクライアントの人から聞いて初めて知ったのだが、国監修の元、IT導入補助金なるものを給付している。以下が、その案内ページ

www.it-hojo.jp

 

まぁタイトルそのままで、ITツールを導入しようとしている中小規模の会社向けに補助金を出すよ、という内容。

これ、今まで知らなかったのだけど、基本的には中小企業であること等の条件さえ満たせば補助金申請はできるよう。もちろんその後審査はあるらしいが、必要な書類を色々書けば申請自体はできるということなので、もしITツールを導入しようとしているスタートアップや中小会社の人は、ダメもとでも是非申請をしてみて。

 

では、そもそもITツールってどんなものが対象?というのが気になると思うし自分も気になったので調べてみると、一応補助金の説明にある言葉を借りれば「導入することによって、生産性の向上が見込まれ、一定の導入効果が得られる」もの、ということらしい。具体的に書けば、社内や社外向けのホームページ制作費、クラウドサービスの利用料、パッケージソフトの購入費用、WEBサーバー利用料(最初の一年のみ)など、かなり多岐にわたっている。

そして実際の補助費用としては、簡単に言えば、導入費用の半額(最大50万まで)ということらしい。

 

結構まだ知られていないことのようで、チャンスはかなりありそう。なので、上記に当てはまるよって人は是非調べてみて。ただ、今年の申請はもうあと半月ぐらいしか期間がないので、急ぎましょう。ちなみに、以下がスケジュール。

f:id:ImaTaka:20180916194107p:plain

 

また、これの申請書は見てみたら結構面倒な感じ(ITツールの提供側の知識が必要かも?)な割に導入する側の申請が必要らしいので、この申請代行とかも流行りそうだと思った。自分もちょっと項目調べてみて、申請代行できそうならできますって宣言しようかな

 

 

では、今日はここら辺で。

古い木造住宅の住み心地。

家で鈴虫の音色を聴きながらブログを書いているいまがーです、こんばんは。

 

 

さて、今日は古い木造の一軒家(築40年以上)に住んでみて、いくつか改修した点や住んでみて分かったことや想いなどを書いていきます。

 

まず、改修した点

これは古い木造住宅の利点とも欠点とも言える点なのだけど、網戸や窓等に隙間が多い。これは、冬は寒いし夏は虫が入るなどは欠点と言えるが、気密性が少ないということなので窓などの結露はしにくくなる。木造住宅は湿気とどう向き合っていくかが課題となりやすいので、結露しにくいというのはかなり大きな利点と言える。

ただ、どうしても虫が入るのはいただけないということで、窓枠の外側からスポンジを入れ込んでおいた。接着剤を付けてしまうと後でとれないので両面テープで張り付けた

ちなみに、その際に使用したスポンジは、よくホームセンターなどで売っている隙間用のクッション材ではなく、断熱性のあるパイプカバー(下のURLのようなもの)を購入して、自分で細長くカッティングして使用。正直、性能的には充分だし、何より隙間用のクッション材は厚み1㎝ほどのものだと1mで1000円ほどするが、これだと一つから1mのものを10本程度取れる。もし同じような悩みを抱えている人は、是非試してみて。

 

他に住んでみて分かったのは、昔の木造で真壁造り(柱や梁などの木が見えるような造り)だと配線がうまく隠せるということ。梁の上を上手く通せば(うちは特に溝が切ってあるので配線を隠せる構造となっている)、家の中の配線がかなりすっきりと収まる。ほとんど表に出さずLANなどを敷設できるのは嬉しい。

 

また、古い住宅なので、最初に上げたような改修のし甲斐がある。そして、自身で改修することで愛着が湧く。これは結構大事なことではないかと気づかされた。なぜなら、愛着が湧くと大事にしようと思うので、必然と家が綺麗に保たれる

これは妻のお義母さんが言っていたらしいのだが、「新しい家だと汚くなるだけだけど古いと改修すると綺麗になっていくのはいいね」と。これはなかなか興味深い考え方で、確かにそうだし、良い考え方だなと思った。

 

ということで、これからも色々な所を自身で改修していこうと思う。幸い、うちの大家さんは綺麗にしてもらえる分にはほとんどOKということなので、し甲斐がある。
これからは改修するときは写真に撮っていって、方法などを詳しく載せるのもありかもしれないなと思った。

 

 

では、今日はここら辺で。

VRの経験は脳でも本物に近い認識となる。

徐々に家の生活環境がよくなってきていて嬉しいいまがーです、こんばんは。 

 

 

今日は、以前も書いたVR(仮想現実)のことについて。
たまたま興味深い記事を見かけたので、書いてみたくなった。
その記事は、以下。

honz.jp

 

VRの技術面の話は以前も書いたが、これはこれでかなり興味深く、本当にどこまでも実体験に近づけるような技術が日々開発されている。

しかし、この記事(というかこの記事で紹介されている本)でフォーカスされているのは、VRの身体、精神面への影響について。
その中で、凄く心にきたというか、気になった文面が、VR経験は『メディア経験』ではなく『経験』そのもの」という点。これは実際にすでに効果が実証されている内容であるようで、その紹介は記事でも触れているので、ここでは割愛する。

今まで見たり聞いたりなどの経験で実際にそれをしたかのような感じ方をするようなことがあったとしても、実際の経験とは程遠いものであった。身体や精神に根付くものではなかったのだ。それが、VRであれば実際の経験に極めて近い経験となるということなのだ。

これは凄いことで、いわゆる「経験を積む」ということが実際に行わなくてもできるようになるのである。その利用法は考えればきりがないほどあるだろう。
もちろん、それだけ身体等に刻み込まれることから危険性もあるのは記事でも書かれている通りだが、その危険性を指摘されるほどに効果がある、ということなのである。

 

こんなことを書かれていたら、早く家にもVRが欲しくて仕方なくなる。
ほんと、来年にはお金貯めていいものを買いたい。

 

 

では、今日はここら辺で。