「プーと大人になった僕」を見て。

今朝、瞬間停電が起こってびっくりしたいまがーです、おはようございます。

 

 

 

さて、今日は昨日見てきた映画についてでも。

見てきたのは、プーと大人になった僕

www.disney.co.jp

誰もが名前ぐらいは知っている クマのプーさん。そのクマのプーの友達クリストファー・ロビンが大人になった時の話。公式の言葉を使うなら・・

大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共にロンドンで暮らし、 仕事中心の忙しい毎日を送っていた。ある日クリストファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。

 というお話。

 

これを、昨日妻と一緒に見てきた。

内容はネタバレにはしたくないのであまり書かないが、期待していた通りの訴えたいことが伝わってきて、凄くほっこりする映画だった。

その訴えたいこととは、「大人になると忘れてしまいがちな心を思い出してみたら」ということだと思う。

大人になると社会に飲み込まれ、仕事というものに圧迫された毎日を過ごし、効率化や利益、そんなことで頭がいっぱいになり、本当に大切なもの、時間、人、そんなものに気づきづらくなっているそういったものに子供の頃は知らずと分かっていたはずなのに

私自身も、子供の頃よく、せかせか動く大人や子供のことをあまり見ずにあれやこれや指示する大人、そこかしらに転がっている自然が見えていない大人などを見て、「あんな大人にはなりたくないな、自分は子供心を忘れずに生きたいな」と思っていた。私は、子供の頃に強くそう思うことがあったおかげなのか、時折そのことを思い出しながら今まで生きてきた。それでもたまに見えなくなる時があって、そんな時のことを思い出したときには「あぁ、自分も嫌な大人になっちゃったなぁ」なんて思うこともある

ただ、そんな話を昨日映画を見た後に妻にしたら、妻曰く私は「子供のように生きていると思う」らしい。もちろん妻は良い意味で言ってくれたのだろうが、そう言われると嬉しいやら少し恥ずかしいやら複雑な気持ちになった 笑。

 

まぁでも、何はともあれ、この映画は少なくともそんな子供の頃の想いを振り返らせてくれたり、少し急いで生きすぎて辛くなっている人には立ち止まって少し風景を見てみたら、なんて思わせてくれる、緩くて良い映画だった。

エンターテイメント性の高い映画もいいけれど、たまにはこういったゆるーい映画も自分を見つめ直すきっかけにもなるので、もし気になった人は是非見てみてくださいな。

 

 

 

では、今日はここら辺で。

アジアではまだまだ危険なパソコンが販売されている。

めっきり寒くなったのでもう暖房器具が手放せないいまがーです、おはようございます。

 

 

さて、今日は異様に安いパソコンは購入しない方がいいよ、という話。

まずは以下の記事をどうぞ。

www.softwaretestingnews.co.uk

記事の内容は、WindowsやOfficeソフトなどを販売しているMicrosoft自ら、アジア諸国海賊版(偽物、違法コピー)ソフトを導入したパソコンがどの程度売られているか調べた結果、そのほとんどになんらかの違法ソフトが入っていたとのこと。そして、それら違法ソフトの入ったパソコンには全てトロイの木馬等のコンピュータウイルスが仕込まれていたらしい。

調査対象がどんな店だったのかは明記されていない(小売店とは書いてあるが)ものの、低価格のパソコンにしぼった調査っぽいので、大手ストアは対象にしていなさそうではある。しかしそれにしても、調べたパソコンの実に8割以上に海賊版ソフトが入っていたというのだから、驚きではある。それらパソコンの特徴としては低価格である(バーゲンとしている)ことと、何らかのソフトウェアが導入されていることを目玉として明記していること、だったらしい。そして一番怖いのは、それらのパソコンには例外なくコンピュータウイルスが仕込まれていたということ。

 

この調査では、日本は対象になっていないので、日本の小売店で同じようなバーゲン品を買ってもそんなことは少ないのかなと一見思える。

しかし、そんなことはないと個人的には思っている。一昔前までは東京なら秋葉原、大阪なら日本橋に行けば、あちらこちらで海賊版ソフトを路上販売しているのを見かけた。また、今でもヤフオクとかを見ると、そのソフトウェアがついてその値段は絶対に無理だろう、というパソコンが、「自作パソコン」と称して売られている。これは明らかに違法なものだろう。もちろん、自作パソコンのすべてが違法なわけではなく、明らかにソフトウェアの値段を無視したようなパソコンのみがおかしいという印象を受ける。路上からヤフオクなどの個人ネットマーケットの世界へ移動しただけで、日本でも確実に違法なパソコンを販売している場所は残っている

そして、それらパソコンは買ったことがないからもちろんなんとも言えないが、たとえウイルスなどが仕込まれていなかったとしても、違法ソフトという特性上、いつ使えなくなってもおかしくない。

 

なので、もし買おうと思っているパソコン(やソフトウェア)が異様に安かったりする場合には、それが本当に正規のものなのかを一度考えるようにしよう

見分け方としては、上記で何度か書いているように、「本来高いはずのソフトウェアが入っているにもかかわらずそのソフトウェアを無視したかのような値段設定のパソコン」はまず海賊版と思ってもらっていい。なので、そういったものは絶対に購入しないようにしよう。ヤフオクなんて本当にはびこっているので、少し探しただけでおそらくそうだろうなというのがすぐに見つかる。例えば以下のようなの。

EPSONノートPC core i7 AutoCAD LT2019 office20... - ヤフオク!(リンクを載せているが絶対に購入しないように!)

これであれば、一年間利用するだけでも5万以上するソフトや、購入したら学生割引であったとしても10万近くするソフトがついているのに、即決価格で55000円なんて言っている。明らかに違法ソフトを導入しているもの(というかこれらはおそらく正規ソフトを違法な方法で利用できるようにしているもので、正確には海賊版とは少し違うもの)である。

こういったパソコンは知識にうとい人をターゲットにしているので、当然、ウイルス対策など考えていないような人が購入していく。なのでウイルスなど仕込んでいてもばれないという思惑なのだろう。なので、確実に余計なものが仕込まれているので、絶対に購入しないように。

 

ということで、まとめとしては、日本であれその他アジア諸国であれ、異様に安いパソコンは購入しないようにしようという話でした。

もし、それでも出来るだけ安くパソコンが欲しいという人は、私に相談していただければ、用途を聞き出し必要充分のものにすることで安いものを作成しますので、仰ってください。(メーカー製のパソコンなどはいらないソフトを付けたり、そもそも一部の性能だけ良くしてそれを目玉にして売っていたりなどちぐはぐなものも多いので、それらを整理して作ることで安くできる)

 

 

では、今日はここら辺で。

機械学習によるゲームのキャラクタの身体的進化が可能らしい。

急にヤフー検索からのアクセスが増えて、どうした?となったいまがーです、おはようございます。

 

 

 

さて、今日はまた機械学習のお話。

でも、今回は難しい話ではなく、ゲームの世界での機械学習の可能性の話。

まずは以下の記事をどうぞ。

www.gizmodo.jp

 

もうタイトルだけでもなんとなく察しが付く人もいるかと思うけれど、ようするに、ゲームで出てくる敵やキャラクタが機械学習により進化(思考の進化だけでなく体型等までの進化)していくことが可能であることの実験が行われているという話。

内容をよく見ると、実際の実験では、よくある障害物や穴などを避けながら前へ進んでいくゲーム(実際にはもう少し複雑な地面の条件などを設定しているらしいが)において、それをクリアするように指示したキャラクタがどう進化するのかというものを行ったらしい。進化できる場所は足に限られていたが、それでも、学習させることでよりスムーズに動けるように自らの足を変化させることができたというから、凄い。

 

私自身、ゲームが結構好きなので、最近もオンラインゲームなどをする機会もある。しかし、以前からゲームをやっていて思うのは、一度攻略できた敵とまた戦うことになると、どうしても飽きが来ることがあるということ。もちろん、同じ敵を何度も倒すことによる楽しみや難易度の変化によってすぐに飽きるということはないが、それでも飽きることもある。それが、そんな敵たちが機械学習により思考だけでなく体型などまで変えてくるとすれば、それはもう、どれだけ魅力的なことか。

まぁ、攻撃パターンは機械学習により変化するようなゲームというのはすでにあるらしいが、それでもまだまだ発展途上で、せいぜいいくつかのパターンの組み合わせを自ら作り替える程度。それが、体型まで変えられるとなれば、以前は安全に攻撃できる方法があったとしても次に行ったらその手法は使えなくなっていたりするかもしれないのだ。そんなゲームがあったとしたら、やりたくして仕方がない。

 

それにもっといえば、ゲームだけでなく例えばバーチャルなペットなども進化する可能性があるのである。

現実世界で動物と触れ合うのが楽しいのは、もちろんその動物の種による楽しみもあるが、それ以上にそれぞれの個体による違いや、それとの触れ合い方によって変わっていく様子が楽しいのもあるだろう。それが、例えばバーチャルなペットが触れ合う人や触れ合い方によって懐くようになったり、餌をやりすぎたペットは太ったり、なんなら現実では起こりえないような進化をするとすれば、どうだろうか。昔流行った「たまごっち」の進化先が決まっていない、どんな形になるのか開発者もわからないもの、ということになるのである。

 

そんなことが実際にできそうなのは想像していたが、実際にできたという実験を見ると、もう本当にそんな未来がすぐそこに迫っているんだなと思う。そんなゲームの中やバーチャルな世界のキャラクタなどがどんどん勝手に進化していく世界なんて、ワクワクしかしない。

 

 

では、今日はここら辺で。

関東で気軽に登れる有名な高尾山に登ってきた。

最初の一言をうっかりつけ忘れていた(投稿後4時間ぐらい気づかなかった)いまがーです、こんばんは。

 

 

 

さて、今日は(関東の人なら誰でも知っている?)有名な「高尾山」に登ってきた話。

妻と、関東に引っ越してからもまた登山であちこち行こうと話していたのだけど、引っ越してすぐはいろいろバタバタしていたせいで、ようやくの関東での初登山。

 

まず始めに、今回通ったルートを。実は登り始めて30分ほど(途中の展望台に着くまで)登山記録をつけ忘れていたので、最初の方の記録が抜けている。

f:id:ImaTaka:20181111210321p:plain

 

ルートとしては、以下の簡易MAPに沿って説明すると、まず登りは稲荷山コースに沿って山頂まで帰りは3号路から途中2号路を少し通り6号路の琵琶滝の方へ抜ける道を通り、最後は6号路にそって下山というコース。

f:id:ImaTaka:20181111194218p:plain

登山コース | 高尾山マガジン
このMAPは上記のサイトから拝借。ちなみに、他にも高尾山のルートMAPがネット上にいくつもあるが、このMAPが一番実際通るルートに則したものとなっている。というか、他のMAPが適当すぎてそれに従うと意味わからなくなるかもしれないので注意。

 

 

ということで、もう少し詳しくルートを追って話していく。

まず、登山口のある京王線高尾山口駅へ。着いたのは10時頃。
駅を出たら・・凄い人、人、人の山。ちょうど紅葉の季節の日曜日ということもあり、もう駅を埋め尽くさんばかりの人。高尾山はケーブルカーでも途中まで登れるらしいのだが、そのケーブルカーに乗るための列が、なんと30分待ち。もうディズニーのアトラクションか何かなのかと。

f:id:ImaTaka:20181111211400j:plain

 

 そんな姿を横目に、稲荷山コースのスタートは、ケーブルカーの乗り口のすぐ左側の道から急に山へ入ることとなった。始まりからいきなり階段ばかりの道が続いたので、少し疲れた。ちなみに経験上、登山の時は最初の30分ぐらいが足や体が慣れていないせいかいくら平坦でも一番疲れる

f:id:ImaTaka:20181111212546j:plain

スタートからしばらくすると階段は減り、本格的な山道へ。時折階段を挟みつつも割と淡々と一気に登っていく。この道は尾根道のようで、片側はずっと崖のようになっていた。そんな道を登っていくと、30分ほどで展望台へ到着。展望台には小さな10人ほどが座れるような東屋があり、そこでは多くの人が休憩をとっていた。

 少し展望台で休憩した後は、また同じような道を通って山頂へ。そこもひたすら尾根道。淡々とはしていたが、駅などの人だかりで心配したほどは混んでいない道だったので、良かった。山頂の直前には200段ほどの階段があり、それを登りきれば山頂だった。

 f:id:ImaTaka:20181111212611j:plain

山頂はかなり混雑していたが、どうにかひとつのベンチを確保。冷凍していたお肉と事前に切ってゆでていった野菜とを混ぜ、そこに回鍋肉の素を入れて、料理した。それとおにぎりとカップスープでお昼ごはんに。山頂での料理ご飯は美味しくてやはりやみつきになる。また、ここまできちんと料理したのは初めてだったので、楽しかった。

f:id:ImaTaka:20181111212633j:plain

 

山頂からは3号路の下山道へ。ちなみに6号路はこの時期は混雑で下山には使えなくなっているようだった。3号路は最初にぐっと降りた後、すぐにのんびりと下っていく道へ。というか、あまりにも緩やかすぎて、登山というよりハイキングだった。

しかし、緩やかだったせいで歩けど歩けど降りている感じがしない。実際、下山してから登山記録を見れば、全然降りていなかった。3号路を下山道に選んだ理由が、空いていると山頂に書いてたから、というものだったのだが、この理由がこれだろうかと思った。明らかに他のルートより歩かないといけない距離が長そうだった

 

2号路の終りまではそんな感じでのんびりと歩いた。そこから6号路へつながる道に入ったころから、道が急になってきて、一気に下山へ。途中は岩がごろごろしていて、時折湿り気のある土もあり少し慎重にいかなければ滑るようなところもあった。

そのラストには、琵琶滝が見られた。

f:id:ImaTaka:20181111212712j:plain

 

琵琶滝は本来6号路を通ってしか見られないが、このルートであれば見られた。ちなみに、ここから駅までの間は6号路の下りが制限中の下山でも利用できるようで、また、ずっと舗装された道路だった。

 

そしてほどなくして下山。駅へ到着。お昼御飯も含めて約4時間半の行程だった。

今回は、実は妻とお義母さんと3人で歩いたのだが、やはり登山は空気もいいしリフレッシュにいいものだった。また関東の山も色々これから登っていきたいと思った。

 

 

では、今日はここら辺で。

とりとめもない日常2。

最近めっきり寒くなったので朝がつらいいまがーです、おはようございます。

 

 

さて、今日は単に私の最近の日常を書くシリーズ第二弾。

前回は2ヶ月ほど前、引っ越したばかりの時のもの。

 

まずは海水に浸かった一眼レフのその後

使っていた一眼レフは、同機種のものを中古にて購入。そして、壊れたものについてはもういらないレンズと抱き合わせてジャンク品として売り払い。結果的に、差額1万円ほどで使用が可能なものに生まれ変わりました。

カメラやパソコンといったものは、部品どりなどで使用する人がいるので、ジャンク品と呼ばれるような故障したものであっても意外と購入する人がいたりする。なので、ちょっとでも勿体ないと思う人は、故障したパソコンなどは捨ててしまわず売り払うといいかも。パソコンの故障品を売るときのコツは、詳細に性能及び壊れた状況を書くこと。カメラもどこまで壊れているか明記するといい。

 

あとは、先月は新婚旅行に行っていたりバタバタしていたけれど、ようやく自分の家での日常が取り戻せてきた

そのために行ったのは、日常をある程度決めてしまうこと。朝は何時ごろには起きて、仕事をする日は何時ぐらいからして、ブログはいつ書いて、等をある程度ルーティーンにするために決めてしまった。それのおかげか、日常を安定して過ごせるように。正直、フリーランスをしていると、仕事をだらだらとしてしまったり、逆に仕事がのらないともういいやとなってしまいがちだった。しかし、それが仕事をすると決めた日は、夜のある程度決まった時間まで区切ってできるようになってきた。これはフリーでやっていく上で結構大事なことだろうなと思う。

 

他には、最近寒くてそろそろ今日あたりコタツを出そうと思っている

実は9月にも一度寒い日が続いたときに出したのだが、その後また暖かくなったのですぐしまっていた。なので、そのコタツをそろそろ再度出そうかなと妻と昨日話していた。なので、今日コタツを出す予定。コタツってゆっくりできるから結構好き。仕事をコタツで行おうと思えばだらだらしちゃうからだめだけど、仕事の合間に休憩がてらはいるコタツは至福。なんでコタツは他の暖房器具とは違う魅力があるのだろうか。

 

 

 

そんな感じで、最近は過ごしています。また小ネタがたまったら日常シリーズを書こうかなと思ってる。

 

 

では、今日はここら辺で。

有料フォントデザインの新しい形。

最近寝違えることが多くて朝よく首が痛くなるいまがーです、おはようございます。

 

 

さて、今日は久しぶりにデザインの話でも。

デザインの中でも、今日取り上げるのは、フォントデザイン。つまり、文字のデザイン。実は、私は建築の大学に通っていたのだが、+αでデザイン全般の科目も色々あったため、それらの授業もいくつも受けていた。その中の一つにフォントデザイン(正確にはカリグラフィというもの)もあり、割と好きだった。

文字というのは、手書きであれば、あぁこの字綺麗だななどと思うことはたまにある。しかし、フォントデザインとなると、基本的にはそれ単体をフォーカスして凄い字体だななどと思うことは少ない。なぜなら、文字というのはそれが使われている場所などが絶対付随しているわけで、文字自体よりもその文字がその場所にマッチしているかどうかが重要だからである。しかし、面白いもので、マッチしていて気に掛けることは少ないものだが、マッチしていなければ違和感を覚えるのが字体で、字体の選定というのは実はデザインの中ではかなり重要な項目であったりする。

そんな字体だが、最近はGoogleが出している物があったりしてフリーフォントも充実してきていたりするので、有料のものなどはモリサワフォントなど有名どころのものしかほとんど使う機会はない。本来フォントを作るというのはかなり大変な作業を伴うものであるのに無料で色々使えるという状況によって、あまり使いたいと思える有料フォントが少なくなっているのだ。まぁ、個人使用する分には無料でも、商業利用する場合(商業利用のラインはフォントによって様々)は有料なんてものも多いので、そういったものに触れている人にとっては有料であるのが基本、というものであるだろうが。

そんな中、面白い字体が出てきた。ネットニュースで見かけて知ったのだが、それが、以下。

tanukifont.com

ものとしては、小学生が書いた文字をある程度読めるように少し手を加えてフォントにしたというフォント。もちろんそれだけでも珍しくて面白い。下手な字のフォントなんてのは昔からあったが、本当に小学生が書いた文字というのは初めて見る。

 

しかし、そこが重要なのではない。無料版と有料版があり、無料版では使えないような難しい漢字が有料版では使えるのだが、その差別化が面白いのである。

一般的には、漢字の対応というのは字数の多さからかなり限定的な物が多いのがフォントの世界。そして、対応していない漢字については●表記になったり文字化けしたりするし、有料版だと対応漢字が増えますよというものも多い。しかし、このフォントでは、有料版では対応しているものの無料版では対応していない漢字は、以下のようになるのである。

f:id:ImaTaka:20181109075237p:plain

これは、「怒」という漢字である。分かるだろうか。

つまり、有料版になったらこの字があるよ、というのが無料版を使っていればすぐわかるのである。今までこういった場合にはただ表示されないだけのことが多く、有料版を使ったところでどこまで漢字が入っているかわからず、わざわざ対応表見るのも煩わしく、それなら無料のもっと一般的なやつでいいや、となってしまっていた。それが、これがあるだけで、あぁ有料版ならこの漢字でるなら買おうか、という気にさせる。また、その気にさせるだけでなく、この隠し方も嫌な感じではなく笑わせてくれて、ちょうどいいのである。

 

無料フォントに押されがちなフォントというデザインの世界だが、こういった方法なら確かにまだまだ可能性はあるなと思わせてくれるものだった。

もし気になった方は、是非無料版だけでもダウンロードして遊んでみると面白いと思うので是非どうぞ。

 

 

では、今日はここら辺で。

機械学習に潜む罠。

もう少し文章を書くスピードをあげたいいまがーです、おはようございます。

 

 

 

さて、今日は少しぞっとする話。

というのも、機械学習と呼ばれるものの危険性がそろそろ現実を帯びてきた、という話。実はこの話はかなり以前から指摘されている問題だった。その内容とは、人工知能が反逆を起こす、とか、そういった映画等でよくあるようなたぐいのものではなく、もっと現実に起こりうる内容である。まぁもちろん、そういった可能性も考慮されていて、世界では人工知能の人に対する反逆などが起こらないよう真剣に対策を考える組織なんてのも出来ていたりするのだが。

今日の内容は、以下の記事。

jp.techcrunch.com

人工知能というより機械学習人工知能と呼ばれるものの一種、一端)に偏った内容なのだが、簡潔に言えば、機械学習が人の手による偏りなどが入ったものになっている可能性を考慮しなければいけない、ということ。

どういうことなのか、詳しく話していく。まず、前提として、機械学習というのは、ある程度決まった情報群(昨今よく言われるビッグデータ等)などからパターンを学んでいったり傾向を数値として出していくことにより、より何かの課題の正答に近づこうとするものである。この時、その情報源の指定やその学習方式等は、実はまだまだ人間の手によってある程度精査して作っていかなければいけない。となれば、その情報源などを限定的なものにしてしまったりすると、実はそれは機械の導き出した正答などではなく、その作り手が意図したものになってしまう

分かりやすく例えで言えば、購入者1000人へのアンケートで1位となりました!なんて売っている品物があったとして、それが一度でも買ったことある人に聞いたのか、すでにリピーターとなっている人に聞いたのかでは全く物が変わってくる。しかし、そんなことは表に出ず、購入者1000人へのアンケート、という文句に偽りはないわけだ。

こういったことが機械学習でも起こりうる。機械学習で導き出された答えがこれだから、こうするべき、みたいなものが出てきたとして、それは本当に信用できるのか?ということ。でも、現在の風潮として、機械などで導き出された答えはかなり正確だという意識が強い。それは、コンピューターというものへの信頼からきているのであろう。しかし、そこに人の意思が介在する余地があるのが機械学習。なので、機械学習を行う際にはそこに気を付けて、変な人の主観などが入り込んでいないかなどをきちんと検証しながら開発を行おう、というのが、この記事の内容。

でも、そんなのは開発側だけの問題であり、それこそ性善説である。なので、私の記事を読んだ読者の頭に置いておいてほしいことは、機械学習やAIがなど導き出したものであっても妄信してはいけない」ということ。そんなの分かり切っているという人もいるかもしれないが、それをつい信じてしまいそうになるほど力を持っているのがAI。正しく使えばかなり便利なものになるであろう未来が待ち受けているのだから、それを見誤らないようにしよう。

 

 

 

では、今日はここら辺で。